小説『ISの世界に転生』
作者:ニケ()

しおりをはさむ/はずす ここまでで読み終える << 前のページへ 次のページへ >>

第1話 あの世への旅立ち

???side

「ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい、これはヤバいよ。全身大出血してるよ!」

やぁ、皆元気かい?

僕がこんなアホみたいにヤバいを連呼するには、叶姉妹の胸の谷間より深~い理由があるんだ( ´,_ゝ`)

知りたい?

ホントに?ホントにホントに?

よろしい(キリッ

そんなに知りたけりゃあ、しょうがない、教えてやろうじゃあねぇか!

それは、ほんの15分前のことじゃった。

ワシはコンビニでアダルティな雑誌を買って、ウハウハな気分で家に帰っ

てる途中に信号機が赤だったんじゃが早く雑誌が読みたくてのぅ、つい渡ってしもうて横からダンプカーから突進く
らって今の有り様じゃ(´・ω・`)

え?自業自得じゃないかって?だって早く読みたかったもん!アソコにスカイツリー建設されてるんだよ!?

どうしろというの!?

「おい坊主、大丈夫か!?今、救急車よんだから死ぬんじゃないぞ!」

おお、名も知らぬオッチャンよ励ましは嬉しいが、もう無理ぽ。

最後にあの雑誌を見なければ!

「うおぉぉぉぉお、届けぇぇぇぇえ!!!」

ペラ

さぁ、僕にその美しい姿を見せてくれ!

「なっ!?ばっ、馬鹿な!こっ、これは男の筋肉写真集じゃあねぇぇぇぇぇかぁぁぁぁ!」

バタッ

「ぼうずぅぅぅぅ!」

翌日のニュースに意味不明な言葉を叫びながら死んだということである意味有名になった。

その彼の名は、『秋月 空』


-1-
<< 前のページへ 次のページへ >> ここまでで読み終える