元へ戻る トップページへ

小説『Life Donor』

運営公認タグ  
作者設定タグ  
累計ランキング

825
前月ランキング

─  
人間ドラマ小説

Life Donor

作者:bard
★★★★☆
「君の余命を貰いたい」――死を決めた少年に持ちかけられた取引。少年はそれに応じ、命を巡る部屋へと招かれた。少年はそこで、生とは何か、生きる意味と向きあう事となる。
最初から読む

登場人物

シジマ
命を絶とうとしていた少年。取引に応じ、狭間の部屋の審判となる。
カクリ
シジマと契約し、彼を補佐する青年。
浦川みつき
主婦。近所付き合いもよく、社交的。夫と息子との三人暮らしだったが、義父が倒れたために義母と同居する事となった。
藤内奈美
女子高校生。バレーボール部のキャプテン。快活な少女で友人も多い。クラスメイトの中野に片思いをしている。
キテン
審判。かつてカクリと契約をしていた青年。

読者からのコメント

2013-03-17 15:55:53
1頁です^^
さくら (この作者の小説を読む)
人の寿命がわかるカラス?何者でしょう!!続きはまたきます^^
2013-03-17 15:55:53
1頁です^^
さくら (この作者の小説を読む)
人の寿命がわかるカラス?何者でしょう!!続きはまたきます^^
2012-07-23 07:03:13
32pまでの感想
雪路 歩 (この作者の小説を読む)
持たざる者……それはカクリ達の元の存在。非常に気になるフレーズですね。二人分の審判と寿命が必要な者でもある。その理由はかなり気になります。続き、お待ちしています。
2012-07-23 07:03:13
32pまでの感想
雪路 歩 (この作者の小説を読む)
持たざる者……それはカクリ達の元の存在。非常に気になるフレーズですね。二人分の審判と寿命が必要な者でもある。その理由はかなり気になります。続き、お待ちしています。
2012-07-18 21:27:42
31pまで読ませていただきました
タナタツ (この作者の小説を読む)
人の記憶に残ることで、キテンは己の存在をこの世に残そうとしたのですね。カクリに話した言葉も、それで納得できました。
2012-07-18 21:27:42
31pまで読ませていただきました
タナタツ (この作者の小説を読む)
人の記憶に残ることで、キテンは己の存在をこの世に残そうとしたのですね。カクリに話した言葉も、それで納得できました。
2012-07-12 20:14:37
31pまで読ませて頂きました
水崎 綾 (この作者の小説を読む)
題名から気になってお邪魔させて頂きました。生と死について、色々な事を考えさせられるお話でした。キテンさんは審判の間、何を思っていたのでしょう。続きを楽しみにしています。更新頑張って下さい!
2012-07-12 20:14:37
31pまで読ませて頂きました
水崎 綾 (この作者の小説を読む)
題名から気になってお邪魔させて頂きました。生と死について、色々な事を考えさせられるお話でした。キテンさんは審判の間、何を思っていたのでしょう。続きを楽しみにしています。更新頑張って下さい!
2012-07-09 22:49:43
クロナ様
bard (この作者の小説を読む)
コメントありがとうございます。また機会があればお願いします。
2012-07-09 22:49:43
クロナ様
bard (この作者の小説を読む)
コメントありがとうございます。また機会があればお願いします。
2012-07-09 22:49:15
雪路歩様
bard (この作者の小説を読む)
コメントありがとうございます。キテンもキテンであがいていたのかもしれません。もっと他に自分を残す方法があれば、とは思うんですけどね……
2012-07-09 22:49:15
雪路歩様
bard (この作者の小説を読む)
コメントありがとうございます。キテンもキテンであがいていたのかもしれません。もっと他に自分を残す方法があれば、とは思うんですけどね……
2012-07-08 07:43:40
面白かった
クロナ (この作者の小説を読む)
凄く感動しました。更新がんばってください。また読みにきます。
2012-07-08 07:43:40
面白かった
クロナ (この作者の小説を読む)
凄く感動しました。更新がんばってください。また読みにきます。
2012-07-07 07:42:51
30pの感想
雪路 歩 (この作者の小説を読む)
誰かに覚えていてもらいたいから、キテンは自分の話をカクリにする様に頼んだんですね。わかる気がします。人はいつか死にます。だからこそ、自分がいた証を残したいと思うのは道理ですね。
2012-07-07 07:42:51
30pの感想
雪路 歩 (この作者の小説を読む)
誰かに覚えていてもらいたいから、キテンは自分の話をカクリにする様に頼んだんですね。わかる気がします。人はいつか死にます。だからこそ、自分がいた証を残したいと思うのは道理ですね。
2012-07-06 23:55:20
コメントデータが消えているようです
bard (この作者の小説を読む)
メンテナンスの影響でしょうがなんてことだ……。しかも半端な形で消去されているみたいです。すみません、一応復旧を依頼してみましたが、どうなることか……コメント頂いた方、お返事出来ず申し訳ありません。
2012-07-06 23:55:20
コメントデータが消えているようです
bard (この作者の小説を読む)
メンテナンスの影響でしょうがなんてことだ……。しかも半端な形で消去されているみたいです。すみません、一応復旧を依頼してみましたが、どうなることか……コメント頂いた方、お返事出来ず申し訳ありません。
2012-05-22 20:29:11
こんばんわ♪17p
ジュリアナ (この作者の小説を読む)
過去の行いが審判に?彼女が躊躇するその先にいったい何が?ぞくぞくしてきますね!更新たのしみです♪。o@(^-^)@o。ニコッ♪
2012-05-22 20:29:11
こんばんわ♪17p
ジュリアナ (この作者の小説を読む)
過去の行いが審判に?彼女が躊躇するその先にいったい何が?ぞくぞくしてきますね!更新たのしみです♪。o@(^-^)@o。ニコッ♪
2012-05-16 22:22:32
またまたレベルの高さに圧倒されましたー☆
もち (この作者の小説を読む)
火種をもらって現世に戻った人たちは命の狭間の部屋で起こったことを覚えているのでしょうか?ふとそんな疑問が浮かびました。いろいろと謎があってこの先楽しみです♪
2012-05-16 22:22:32
またまたレベルの高さに圧倒されましたー☆
もち (この作者の小説を読む)
火種をもらって現世に戻った人たちは命の狭間の部屋で起こったことを覚えているのでしょうか?ふとそんな疑問が浮かびました。いろいろと謎があってこの先楽しみです♪
2012-05-16 21:16:56
こんばんわ♪14p
ジュリアナ (この作者の小説を読む)
いらないものでも喜んでもらっていく者がいたら惜しいと思う 人間はそんな我儘な一面も。そこに気付くか気付かないかは別として 狭間で徐々に気持ちが変化するシジマくんの心に注目ですネ♪命の大切さもしみじみ思ってま〜す!♪☆(*∂_<*)…☆
2012-05-16 21:16:56
こんばんわ♪14p
ジュリアナ (この作者の小説を読む)
いらないものでも喜んでもらっていく者がいたら惜しいと思う 人間はそんな我儘な一面も。そこに気付くか気付かないかは別として 狭間で徐々に気持ちが変化するシジマくんの心に注目ですネ♪命の大切さもしみじみ思ってま〜す!♪☆(*∂_<*)…☆
2012-05-16 18:19:39
シン様
bard (この作者の小説を読む)
酷く独善的、かつ、いささか不愉快な描写になるのではないかと思いつつ……。あまり受け入れられない題材だと覚悟しつつ、最後まで書き上げられたらと思っております。コメントありがとうございました。
2012-05-16 18:19:39
シン様
bard (この作者の小説を読む)
酷く独善的、かつ、いささか不愉快な描写になるのではないかと思いつつ……。あまり受け入れられない題材だと覚悟しつつ、最後まで書き上げられたらと思っております。コメントありがとうございました。
2012-05-16 15:26:50
13Pまで
シン (この作者の小説を読む)
命の意味や価値、人生の善し悪しを測るのは、結局、自分の物差ししかない訳ですが…シジマの物差しの義務、これからも楽しみにしています。
2012-05-16 15:26:50
13Pまで
シン (この作者の小説を読む)
命の意味や価値、人生の善し悪しを測るのは、結局、自分の物差ししかない訳ですが…シジマの物差しの義務、これからも楽しみにしています。
2012-05-11 18:07:16
たにがわ様
bard (この作者の小説を読む)
お読み頂きありがとうございます。何かを得て頂ければ嬉しいですが、説教じみた話にならないよう気をつけております。またお読み頂ければ幸いです。
2012-05-11 18:07:16
たにがわ様
bard (この作者の小説を読む)
お読み頂きありがとうございます。何かを得て頂ければ嬉しいですが、説教じみた話にならないよう気をつけております。またお読み頂ければ幸いです。
コメントを書く
タイトル


内容